【レビュー】Beats Studio3 Wireless を1ヶ月半ほど使ってみた話。

どうも、猫月あゆむです。
初のレビュー記事です。画像は無いです。


初のレビュー記事となる今回は Beats Studio3 Wireless を書いていこうと思います。


なぜ買ったのか

実を言うと、3月中旬にとある用事で東京に行く予定でした。
ですが、コロナの関係でその予定がなくなってしまったので、その余った旅費で買いました。

自分が買ったときは Amazonで税込 ¥37,959 でした。(旅費の残りは貯金)

今思うと、なぜ買ったの!?って気もしますが、買ってよかったです。


買ってよかったと思える面

その1:iPhone/iPadとのペアリングが楽

これはApple傘下にいることならではでしょう。

まじで初回のペアリングが楽だった。
beats起動 → iPhone画面に接続文字が出てくる → タップ → 終わり!

まじでこれは神仕様ですわ。

その2:バッテリーの持ちが良い

くっそ良いです。24時間ずっと聞いててほぼ1日持たないぐらいです。
ただ、普通に考えてずっと聞いてることなんて滅多にないと思うので大丈夫でしょう。

ちなみに↑の持ち時間は「ノイズキャンセリング」オン時なので、オフにすればもっと持つはず。

その3:ワイヤレスなのに音がいい

AirPodsと比べ物になりません(当たり前だ)

その4:有線でも使える

これ強いのでは。

付属(市販でもOK)のAUXで繋げば普通に音が聞けます。
ただしバッテリーがないと動きません。(ノイキャンとかあるんで…)


イマイチだった点

その1:長時間つけると耳が痛い

3,4時間ほど付けてると耳が痛くなってきます。
このヘッドホン自体の重さがある程度あるんで、結構つらいです。

たぶん、多少頭の大きい、ヘッドホンにフィットする人なら大丈夫かなと思います。

その2:ノイキャンがそこまで…

完全なノイキャンではないです。
まぁ完全なノイキャンだと逆に危険なのでまぁ良い点なのかもしれませんが。

普通に車通りの多い道を歩いていると、ぶーんっていう音が聞こえてきます。
そこまで車通りないなら全然大丈夫。

飛行機は試す機会がなかったのでまた今度。

個人的には、昔持ってた ウォークマンS10シリーズ のノイキャンのほうが優秀でした。

その3:WinPCの電源を付けると強制的にWinPCに持っていかれる

これは完全に誤算でした…

こういうシチュエーションで起こります。

  1. iPhoneで音楽を聞いていて
  2. bluetoothペアリング済みのWindowsPCの電源を付けると
  3. iPhoneとの通信が切れ、WinPCと強制的に接続される

これ、なんとかならんかね……

その4:値段が高い

そりゃね…


こんな人にオススメ!

身の回りの環境をApple製品で揃えている人

ペアリングのしやすさ・各端末の切り替えやすさはダントツですね

AppleWatchを持っている人

ヘッドホン本体にボリューム、再生・一時停止ボタンはありますが、Prev/Skipボタンがないです。
出先で、スマホを取り出さずに、ささっと曲を切り替えたいならばAppleWatchが必須でしょう。

ちなみに、AirPodsのようなジェスチャー機能はないです。


総評

個人的総評 ★★★★☆ (星4つ)

かなり良い製品だけど、あと1歩が…って感じ。
ただ、身の回りをApple製品で揃えている人で、AirPods/AirPodsProで物足りない、イヤホンよりヘッドホン派という人は選択肢に入れても良いかも。

Android派の人は、別にこれじゃなくても感。

自身の財布としっかり相談しましょう。


いかがだったでしょうか。
また1ヶ月後ぐらいに、次は中古で買った “名機”nasneニコニコ実況 のお話をしようと思います。

それでは~~
ノシノシ

コメント