「WWDC20」を見たよ

感想ブログです。
放送もやったので良かったら見てね


iOS 14

  • ホーム画面
    • “App Liblary”追加
    • “ウィジェット”刷新
  • “ピクチャーインピクチャー”追加
  • “Siri”刷新。よりコンパクトに
  • “Translate”アプリ追加
  • “Messages”アプリ各種リニューアル
  • “Memoji”
  • マップ
    • 名所・レストラン等を探しやすく
    • 自転車・EV系追加(初期時点で日本未対応)
    • CarPlay: 色々アプリ追加
    • CarPlay: 車の鍵がiPhoneに
  • “App Clips”追加
  • 着信画面が通知デザイン寄りに

ホーム画面にウィジェットを埋め込めるようになります。あと、アプリの一覧表示ができるようになります(AppLibrary)。いろいろカスタマイズ性が増してめっちゃいいですね!

ピクチャーインピクチャーがデフォ搭載です。OS標準のプレイヤーでは使えるようになるそうですが、niconicoとかYouTubeとかのプレイヤーでも使えるようになったらいいなぁ。

Siriがコンパクトになります。
コンパクトになるのはいいんですが、認識文章わからないのはちょっと…たまに文章の認識がおかしいときがあるので…

App Clipsが追加です。
例えば、マックに行ったときに、ものすごく混んででモバイルオーダーで頼もうと思ったけどアプリ入れてない!、そんなときに役立つ機能です。
アプリの注文機能部分のみをサクッとDLして、キャンペーン情報とかのフルバージョンアプリをあとからDLできる機能。
NFCタグとQRコードの認識どちらでも使えるので便利になることは間違いなし。
あとは日本のデベロッパーがどこまでやる気になるか…


iPadOS 14

  • アプリ内”サイドバー”の追加改善
  • 検索システム、ポップアップ表示&結果を総合表示
  • iOS14の追加機能も搭載。

もちろんこちらも更新。

これまで、iPadOSはスマホ寄りのデザインだったが、今回、また一歩PC寄りにデザイン改善。

あと次の項で話すがApple Pencilとの連携度がバク上がりです!


周辺端末

  • “Apple Pencil”、手書きメモの大幅改善&テキストボックスに手書きで書き込めるように(iPadOS)
  • “AirPods Pro”、5.1ch/7.1ch/DolbyAtmosに対応(全OS)

ApplePencil、大幅に利便度が上がります。
手書きメモを取ったときに、手書きの☆が長押しするだけできれいに整形された☆になったり、手書き文章をテキストとして読み込めたりします。
また、通常のテキストボックスにそのままPencilで書き込むことで、手書きで入力できるように!
まじでApplePencilが手放せなくなりましたw


WatchOS 7

  • サードパーティアプリ製文字盤が作成可能に
  • 作った文字盤をシェアできるように
  • “ワークアウト”ダンスを追加
  • “睡眠トラッキング”追加
  • “手洗いタイマー”追加
  • iOS14のマップ関連機能も追加。

文字盤がシェアできるようになります!!
作った文字盤をシェアして色んな人に使ってもらったり、便利な体験を共有できたりします。

“睡眠トラッキング”機能追加です!
アラーム等はもちろん、寝る前のルーティンを設定できたりします。
ただ…いつ充電やるの?今でしょ!とかいう話ではなく、昼間スケジュール管理・交通周りで持ち出すAppleWatchを夜もつけていたらいつ充電やるんだろう…

タイムリー!”手洗いタイマー”機能追加です!
手洗い動作を自動検知して、タイマーが作動します。カウントダウンのシャボン玉デザインすこ


プライバシー

  • 位置情報の提供精度をユーザーが指定できるように
  • アプリのプライバシーポリシーをひと目で確認できるように

Home & tvOS 14

  • HomekitがOSS化
  • “Home”アプリで一括管理できるように
  • tvOS14、ピクチャーインピクチャー対応

mac OS Big Sir

  • アイコンデザインリニューアル
  • “コントロールセンター”追加
  • iOS14の”ウィジェット”周りも追加
  • “Safari”大幅アップデート。Chromeより50%早くなる
  • Mac、ARM シリコンチップへ移行
  • iOS/iPadOSアプリを使えるように

“Safari”の大幅アップデートです。
Chromeより50%早くなり、セキュリティ・プライバシー面もしっかり。拡張機能周りも実行範囲を選べたりします。

ARMならぬ”シリコンチップ”になりました。
これまでiPhoneやiPadに搭載していたシリコンチップ。それの開発技術を集合させmac用にシリコンチップを搭載します!(iPhoneとかの”A13”のような名前は出てきませんでした)。移行周りもアプリの再コンパイルだけでOK、再コンパイルされていなくてもインストール時に自動でやってくれるそうです。
すでにMicrosoftやAdobeと連携してOfficeやAdobeCCはネイティブアプリ化されているそう。


開発者用シリコンチップ搭載mac miniは本日より応募可能。
実際搭載されてリリースされるのは年末以降。

開発者用OSは本日よりDL可。パブリックベータは来月、リリースはいつもどうり秋となる。


実際にまともに使えるようになるのは秋以降ですが、めっちゃ楽しみです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

以上。

コメント